ダボス会議

1月下旬にスイスで行われたダボス会議にて

1200人の中から選ばれた世界の若者代表の6人の中に

「日本の若者」としてフィリピン人女子高校生が出席しました。

 

彼女は両親がフィリピン人でマニラで生まれ育ちましたが、

2歳の時に来日したそうです。

 

会議では、古着の再加工や販売を途上国の若者が行えるように

小口融資事業を興したことを説明しました。

そして、先進国の若者も古着のデザインなどで協力することで

「異なる世界の人が互いにかかわり合い、社会を良くしよう」

と主張し、喝采を浴びました。

 

彼女が社会改善のための活動を始める原点となった理由は

フィリピンで同年代の子供が巨大なゴミの山で衣服や食料を

探している姿をみて豊かな日本と貧しいフィリピンの違いを

肌で感じた事がきっかけになったそうです。

 

とても立派だと思いました。

国籍とは異なる日本代表となりましたが、選ばれた理由がよく分かります。

 

 

« 国立俳優養成所 | メイン | 東大高齢化プロジェクト »