お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

散髪と外科医の関係

1540年頃のヨーロッパでは髪を切る事は

身体を切る事と同じと考えられていたため

外科手術と散髪は同じ場所で行われていたのです。

 

私も最近になって知ったのですが、

床屋さんの看板は最初は病院の看板だったそうです。

 

床屋と病院は何気に繋がりが深いのですね。

 

赤は動脈、青は静脈、白は包帯を表して創案されました。

床屋さんの看板を見ると今後はちょっとイメージが

変わりそうです。

 

外科医がだからこそ髪を切るという発想も

現代だと面白く感じます。

 

--------------------------月額840円の電話転送--------------------------

 

 

« 飛行中に記念撮影 | メイン | 数ヶ月の間に »