お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>多分氷山の一角なんだろうなあ

多分氷山の一角なんだろうなあ

今、日本の相撲会とレスリング会がそれぞれ問題を抱えており、
連日、ワイドショーで報道されています。

相撲は女人禁制のしきたりや伝統があるのはわかるのですが
命の危険がある時にそれどころじゃないだろう、というのが正直な感想でもあります。
万が一のときに備えて全ての競技場にAED配備しておいた方がいい気がする
今日この頃です。

この二つの競技に限らず、大体の体育会系は閉鎖的なコミュニティといわざるを得ません。
そしてそのコミュニティに所属している人はその状況が普通であるため、
第三者からすると異常であってもその異常に気がつけず、
外部から指摘されて初めて異常だと気づいたり、それでも異常だと認識できないことがあります。
そのため、発生したときは最悪の事態になってしまっていることや、
後々まで引きずる大きな問題になることも多々あります。

レスリング協会の伊調選手へのパワハラ問題について、第三者機関が調査したところ
パワハラがあったことが認められました。この件についてパワハラを告発された
強化部長は辞任を表明したそうです。
パワハラのほかにも不明な代表選手の選考や用途不明の予算もあったそうで
その部分にもおいおい調査が入っていくものだと思います。

どの競技でも多かれ少なかれこういうことはあるものだとは思っていますが、
不祥事が発覚したときはトカゲの尻尾きりになりがちなのと、
レスリングに限らず、全般的に閉鎖的な環境で指導とパワハラが混同している状況と鑑みると、
今回の事も氷山の一角なんだろうなと思っています。





« 頑張って本当に誘致するしか | メイン | それだけ深刻ということなのでしょうか »