お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>話には聞いたことがありますが

話には聞いたことがありますが

先月、滋賀県で、新任の19歳の警察官が、自分の指導に当たっていた上官を
銃で撃った、という事で大きな衝撃を呼びました。
さすがに初めての事態だったようで、ワイドショーでは
「未成年に拳銃を持たせるのは」「そもそも未成年が警官になるのは」
と警察官の適性とあり方について議論が繰り広げられていました。

その続報で、犯行の一因として「書類に付いて何度も訂正するように指導され、
ストレスが溜まった」という事を供述しているようです。
昔、バラエティ番組で元刑事さんが話していましたが、警察官の仕事というのは
大半が書類の作成が仕事で量も多い、
それが理由でやめる人も多いというのを思い出しました。
学校から社会に出たばかりですと、理想と現実とのギャップもあって
相当ストレスは溜まるよなと思ってしまいます。
警察官にとって書類作成は大変重要な物なのだそうですが、
それを理解している上官と、まだ実感できていない新人とのすれ違いが
今回の悲劇を生んだ一因にもなったような気がします

少年は家庭裁判所に送致されたそうで、今後どうなるかはわかりませんが、
取り返しの付かないことをしてしまったのは事実なので、
続報がでたら気にかけて行きたいと思っています。

« 好感度高かったのになあ | メイン | 電話で挨拶と名前を伝わるように話していますか »