お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話で相手の名前を確認するコツ

電話で相手の名前を確認するコツ

電話で相手の名前を確認するのは必要なことだとわかっていても、
電話によっては確認できなくなってしまい折返しの電話ができなくなってしまうことや、
伝言を正しく伝えられずに困ってしまった経験はありませんか。
直接顔を見て話していないからこそ、名前は必ず確認しておきたいものです。
聞きそびれてしまった時に確認するコツを紹介します。

 ■電話で相手の名前を確認するコツ

電話で相手の名前を聞き忘れてしまった時や、
また最初に名乗ってもらったにも関わらず忘れてしまった経験はありませんか。
再度名前を聞くのは失礼になってしまうかも?と
聴き直すことに躊躇してしまう人もいるのですが、
名前を確認できずに電話を回すほうがマナー違反です。
聞き方のポイントとして最初にお詫びの言葉を入れることです。

 

例えば

「申し訳ございませんが...」「念の為」「恐れ入りますが」

など最初にお詫びを伝えてから「お名前を伺っても宜しいでしょうか」
と続けましょう。

 

もし相手が名前を名乗らない人の場合も慌てずに、
「失礼ですがお名前をお聞かせいただけますか?」と聞くようにしましょう。
何度もかかってくるような大切な取引先などで多いのですが、
勝手に判断して電話を取り次がないようにしましょう。

« 電話で挨拶と名前を伝わるように話していますか | メイン | 電話が苦手な人にこそ実践して欲しいポイント »