お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話が苦手な人にこそ実践して欲しいポイント

電話が苦手な人にこそ実践して欲しいポイント

仕事で電話をかけるのが苦手な人も多いのではないでしょうか。
普段直接話をしているときにはなんともないのに、
電話に出ると緊張して会話が続かなくなってしまう人もいます。
電話だとうまく話せず伝えたいことが伝わらなくて
苦戦した経験は誰にでもあるはずです。
電話が苦手で緊張してしまう人にこそ、試して欲しいことがあります。

 

■電話が苦手で緊張してしまうあなたに

電話が苦手な人はあなただけではありません。
電話を上達させるために、もちろん経験を重ねることはとても大切なことです。
だからといって電話口のお客さまを練習台にするわけにはいきませんので、
しっかりと練習をした上で電話にでるのをおすすめします。

 

電話で緊張してしまう人の多くは、相手の姿や様子が見えないので
余計に怖さを感じてしまうというものです。
話している相手が目の前にいるイメージで会話をすると
多少の緊張感は和らぎます。
また聞かれそうなことやいくつかの解答を、電話をする前にメモに取っておき、
応答パターンを作っておくといいでしょう。
電話で話す流れが決まっている時は箇条書きにしておくと、
慌てず対応することができます。

 

電話が苦手な人は言葉がうまく出てこず、うまく伝えられなくなってしまうので
事前に準備をしておいて、イメージするだけでも電話対応の緊張が和らぎますよ。

« 電話で相手の名前を確認するコツ | メイン | よくお話しする相手はお名前で呼ぶことで関係性を作ることができます。 »