お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話は最後まで気を抜かずに丁寧に応対しましょう

電話は最後まで気を抜かずに丁寧に応対しましょう

電話口の声のトーンは、会社の印象を左右するものです。
明るく丁寧に聞こえる話し方はもちろん、敬語の使い方や、話し方、
相手が伝えたいことに対して、きちんと理解できているかどうかも重要です。

電話は表情が見えないからこそ、相手に内容がきちんと伝わるように、
また、お電話の相手が自分に何を伝えたいのかを聞き取らなければいけません。
特に、電話を変わる時などの対応があなたの電話応対の印象を決めます。

 最後の挨拶は電話対応の印象のすべて

「担当の者におつなぎいたしますので少々お待ちください」
あるいは、「担当者よりご連絡いたします」などの応対の最後に使う言葉は、
あなたとの電話が終わった後、相手が感じる印象のすべてになります。

たどたどしい電話だとしても、
最後に心から「ありがとうございました」と言われれば、
それだけで心の底が温かくなるのを感じるはずです。
自分宛てにかかってきた電話ではないからと、雑な対応をしてしまったり、
早く終わらせようと早口で話してしまうと、どんなに敬語を使った対応だとしても
あなたや会社の印象を下げてしまうことになりますので、くれぐれも注意してくださいね。

お電話を受けた時は、最後まで、ゆっくりと丁寧な言葉づかいで対応しましょう。

« よくお話しする相手はお名前で呼ぶことで関係性を作ることができます。 | メイン | 急ぎのお電話はできるだけ早く連絡しましょう »