お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>急ぎのお電話はできるだけ早く連絡しましょう

急ぎのお電話はできるだけ早く連絡しましょう

取引先から会社の固定電話にかかってきたお電話で、
「営業の○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれる事があると思います。

お電話は、営業さんの携帯電話にかける場合もあれば、会社にかける場合もあるので、
いつ、誰が、その電話に出たとしても失礼のない、電話対応ができなければ意味がありません。
折返しのお電話が必要な時、担当者に代わる時にもちょっとしたコツがあります。

お客様が営業さん個人の携帯電話を知っているにも関わらず、
会社の固定電話にかかってきた時は、営業さんに電話をかけたけど繋がらず、
なおかつ至急の用件がある時です。
かけ直してくれているのに失礼な電話対応をしてしまったり、
イライラさせてしまう電話対応では意味がありません。
せっかく営業さんが作り上げてきた信頼関係を崩してしまうことになります。


明るく元気に丁寧に対応するのはもちろん、
伝えて欲しいと言われたことはすぐにメモを取り復唱し確認するようにしましょう。
お電話が終わったら、営業さんにはできる限り早くお電話の事を連絡し、
お客様に入れ違いでお電話がいってしまうことのないように注意しましょう。
電話が立て続いてしまうと、メモを忘れてしまったり、
内容があやふやになってしまいますので
なるべく早く、営業さんに連絡をするようにしましょう。

« 電話は最後まで気を抜かずに丁寧に応対しましょう | メイン | 離席中に担当者に電話がかかってきた時 »