お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>困った営業電話の対応方法

困った営業電話の対応方法

会社にかかってくる電話のなかには、
取引先やお問い合わせのお電話だけではなく、営業電話の場合もあります。
営業電話の中には「○○社長いらっしゃいますか?」
「先日お話させていただいた件で~」など、
まるで実際にお約束をしているかのような電話がかかってくる事があります。
電話に慣れていないうちは、営業電話かどうか判断できず、
上司に繋いでしまって迷惑をかけてしまった、
なんて経験は意外と多いのではないでしょうか。

営業電話で困るのは、「しつこい」「紛らわしい」の
2つではないでしょうか。
基本的に営業電話で大切なのは、はっきりと断ることです。
「検討してみます」、なんて言った日には、脈ありと判断されて、
さらに営業電話が増えてしまいます。
はっきりと、「申し訳ございませんが必要としていません」
「別の取引先がございます。」「社長から断るように言われています」
と伝えれば、大抵は引き下がってくれます。

どうしても、営業電話かどうか判断できない時は、
一旦、電話を保留にして上司に確認を取るようにしてみましょう。
こういった時の為に、重要な取引先やお客様、
営業電話がよくかかってくる会社名一覧などの情報を共有しておくことも、
会社としての電話応対の質を上げることに繋がります。




« 電話の取次ぎ時に失敗しない為に | メイン | 担当者が本日は退社してしまったことを伝える時 »