お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>以外と知らない電話の切り方

以外と知らない電話の切り方

電話対応に緊張してしまう人に多いのが、電話が終わった後に気を抜いてしまい、
かかってきた電話を切ってしまうことでしょう。
電話は、かけたほうが先に切るというルールがあります。
いくら悪気はなかったとしても電話の最後の印象で、
あなたの電話対応が決まってしまう事があります。

電話対応の時に、相手が切るのを待ってから電話を切る必要がある相手がいます。
・自分が電話を受けた側の時
・相手が目上の人だった時
・取引先の人
・クレームなどの謝罪電話
上記の場合は、どんなに丁寧な対応をしたとしても
電話を切った順番が違うだけで失礼に当たってしまうことがあります。

目安として相手が電話を切ったのを確認してから
3秒ぐらいの時間をおいて、受話器を置くようにしましょう。
こちらから電話を切るときもゆっくりと丁寧に受話器を置くようにして切りましょう。
ガチャンと乱暴に切ってはいけません。相手に不快感を与えてしまいます。

一番よくないのは一方的に話して、一方的に電話を切ってしまうことです。
相手が何かを伝えようとしているのに気づかない、
なんてことにならないように注意しましょう。
電話は最初から最後まで気を抜かないようにしましょうね。

« 電話対応でやってしまいがちな過剰案内とは? | メイン | 相手に電話をかけるときの最低限のマナーとは? »