お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話で自分の会社の業態を伝える事

電話で自分の会社の業態を伝える事

取引先に電話をかけた時に、自社名と名前を伝えたはずなのに、
営業電話と勘違いされてしまったことはありませんか?
実はこの問題、電話口で自社の業態を伝えるだけで解決することができるのです。

例えば「〇〇会社の〇〇です」と伝えても
お電話を取った相手が取引先か営業電話なのかどうかが判断できず、
担当者に取り次いでもらえなかったり、営業電話と勘違いされて
「営業電話は結構です」と断られてしまう事があります。

会社名を聞いただけでは判断できない業態や
新しい取引先に電話をかけるときは
「いつも会社のコピー機でお世話になっています。〇〇会社の...」と、
一言、業態を伝えてあげるだけで、相手に「はい、○○会社様ですね」
と、取引先であることをわかってもらうことができます。

あなたも会社にかかってきた電話で、
相手がお客様や取引先なのか、営業電話なのかが判断できないと、
上司や担当者に取り次いでいいものか迷ってしまうこともありますよね。

電話対応の基本は、自分が困ることは相手にしないことです。
ちょっとした気遣いの有無によって会社の印象は変わります。
電話で自分の会社の業態を伝えるのも、その手段の一つです。

« 相手に電話をかけるときの最低限のマナーとは? | メイン | 感情的なクレームに対しての対処法 »