お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話は対面で話すときと同じと考えましょう

電話は対面で話すときと同じと考えましょう

電話対応が苦手な人の中には
「対面で話すのは平気なのになぜか電話だと緊張する」といった人もいます。
電話は相手の顔が見えないため、相手がどう思っているのかわからずに
苦手意識を感じやすいものです。
電話を苦手だと思いながら話をしていると、
それがお客様に伝わってしまい不快感を与えてしまう原因にもなります。
そんなときはどのようにすればよいのでしょうか?

電話だと緊張してしまう、という人は、
電話対応だから、と気負いせずに、
対面で話している時と同じだと考えるようにしましょう。
実際に話している相手が目の前にいることをイメージして、
ちょっとした謝罪は軽く頭を下げてみたり、
逆に感謝の気持ちを伝える時は笑顔になってみてください。
声だけで感情を伝えなくてはいけないと思うと、
緊張して自然と声のトーンが落ちてしまうことがあります。
普通に話している時は笑顔で明るいのに、
電話になると固くなってしまい上手にできない、
という人は少し肩の力を抜いてみましょう。

電話対応に対して苦手意識を持ってしまうと、
どうしても上手に話せなくなってしまうものです。
電話を取る時は、明るく元気ではきはきと話すことを心がけてあげてくださいね。

« 感情的なクレームに対しての対処法 | メイン | 電話での聞き忘れた、伝え忘れた時の正しい対応 »