お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話での聞き忘れた、伝え忘れた時の正しい対応

電話での聞き忘れた、伝え忘れた時の正しい対応

会社の電話を切った後に「あ、伝え忘れていた!」
「あれを聞いてない!」と気付くこともあります。
そんなミスに気が付いて落ち込んでしまうこともあるかもしれません。
「だから電話は苦手なのにな~」なんてネガティブに考えてしまう前に、
どうやって対応すべきか考えることが大切です。

大切なことを伝え忘れたり聞き忘れてしまった事に、
電話を切ってすぐに気付いたのであれば、
かけなおして伝えるようにしましょう。
「忙しい相手なのに何度も電話をかけるのは失礼になってしまうのでは?」
と考えてしまい、なかなか行動に移せなくなってしまう人もいます。
ですが、大切な事を伝えないままでいるほうが、
その後の事態をより深刻なものにしてしまいます。
電話をかけなおすことで、仕事ができない要領の悪い人だなと思われたとしても、
それはあなたの評価であって相手の気持ちがイライラするものではありませんよね。
変なプライドなどは捨てて、
「何度も申し訳ございません。先ほど伝え忘れてしまったのですが...」
と相手に伝えるようにしましょう。

また、何度も伝え忘れや聞き忘れをしてしまう人は、
無意識に電話対応で慌てている証拠でもあります。
落ち着いて対応できるように心掛け、トラブルを防ぎましょう。


« 電話は対面で話すときと同じと考えましょう | メイン | 作業中にかかってきた電話対応はどうしていますか? »