お電話お待ちしております。
0120-730-690
MENU

社員ブログ

株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>電話は利き手とは逆の手で取りましょう

電話は利き手とは逆の手で取りましょう

固定電話にかかってきた電話の対応をしようと受話器を取る時に、
あなたは右手・左手のどちらで取りますか?
電話に慣れていない人の場合、つい利き手で取ろうとしてしまいがちです。
もちろん悪いことではないのですが、
受話器を取るときは、利き手と逆の手で取ったほうが何かとメリットが多いのです。

受話器を取る時に利き手で取らないメリットとして、メモの取りやすさがあります。
基本的に誰もが電話対応をするときに、
メモを取りながら大切なことを忘れないようにしますよね。
そのメモを利き手以外で書こうとすると大変です。
受話器を取るのは利き手は反対側の手にして、
メモをきちんと取れるように工夫しましょう。

もし電話を取る時に逆の利き手で取ってしまったとしても、
言葉の間などにさっと受話器を持つ手を変えればいいのです。
緊張してしまうとそのことすら頭から飛んで行ってしまい、
忘れてしまうこともあるかもしれませんが、
まずは利き手で受話器を取らないように意識するだけでも変わりますよ。

電話対応でやりづらさを感じた時は、
こういったちょっとしたポイントを見直すだけでも
電話の質が上がり、ミスを防ぐことにも繋がります。
電話対応は、都度やりやすさが大切なことを見直しつつ成長するようにしましょう。

« 作業中にかかってきた電話対応はどうしていますか? | メイン | 電話対応のメモをとるポイント »